ミニチュア・シュナウザーMiniature Schnauzer

ミニチュア・シュナウザー
犬種 ミニチュア・シュナウザー
英語表記 Miniature Schnauzer
サイズ 小型犬
体高 オス:30~35cm / メス:30~35cm
体重 オス:4~7kg / メス:4~7kg
平均寿命 13歳前後
犬種の特徴 垂れ耳、短尾であり、かたいトップコートと柔らかなアンダーコートのダブルコートです。長い口ひげと眉毛が特徴的であり、子犬の頃から落ち着きのある老人のような上品な外見で多くの人を魅了しています。小さくとも力強く、がっしりとした体つきをしています。被毛の色は、ソルト&ペッパー(シルバー)、ブラック、ブラック&シルバー、ホワイトの4種が存在します。
性格 聡明で好奇心旺盛、恐れ知らずで忍耐強い性格をしています。従順で忠誠心が強く、しつけがしやすいため、番犬にも向いています。一方で、警戒心が強く、周囲の環境に反応しやすい繊細な一面も持ち合わせているので、高い声で吠えやすい性質でもあります。一度吠え癖がつくと直すのは難しいため、子犬の頃から日常生活を通じてしっかりとした信頼関係、主従関係を築いていきましょう。
日常の世話 ダブルコートですが、抜け毛は比較的少ない犬種です。ブラッシングは週に数回程度でも問題ないですが、ミニチュア・シュナウザーの特徴である口ひげや眉毛を整えるために定期的なトリミングを行いましょう。小型でもタフで活発なため、毎日朝夕30分程度の散歩に加え、ときにドッグランなどでエネルギーを発散させてあげましょう。頭を使うゲーム性のある遊びのほかにも、噛むタイプのおもちゃなどを与えることでストレスを溜めずに過ごせます。食に強い関心を持つため、誤食に注意し、強い匂いのするものや飲み込んだら喉を詰まらせるようなものは遠ざけておきましょう。
歴史起源 世界には700~800ほどの犬種があり、これらは国際畜犬連盟(FCI)により10のグループに分類されます。ミニチュア・シュナウザーはグループ2(使役犬)に分類され、番犬や警護犬として働いてきた犬種です。ドイツが原産国であり、フランクフルト・アム・マインで繁殖されていました。「シュナウザー」はドイツ語で口ひげという意味があります。もともとは農場や牧場においてネズミ駆除で活躍しており、口ひげはネズミの反撃から身を守るために残されたものといわれています。
気を付けたい病気 外耳炎、アレルギー性皮膚炎、白内障、尿石症、僧帽弁閉鎖不全症(MR)
一口メモ ミニチュア・シュナウザーの子犬の相場価格は2022年現在30万円~になります。ミニチュア・シュナウザーのカットは、シュナウザーの定番であるシュナカット、頭の部分を残したモヒカンカット、全体的に丸っぽいフォルムにするテディベアカットなどが主流です。変わり種だと、頭から背中にかけて長く毛を残したたてがみカット、プードルのように手足にぽんぽんを残すコンチネンタルクリップカットなども存在します。絶妙なニュアンスの毛色をもつミニチュア・シュナウザーですから、様々なカットを試してみるのも飼育の楽しさの一つと言えます。
著者情報 いぬのこと。運営スタッフ
目次