うごくいぬ

脳挫傷で動けなくなった少年、癒してくれたのは1匹の犬でした。

【AD】免疫ミルクサンプル無料プレゼント


アメリカのユタ州に住む少年、カレブ君。

交通事故に巻き込まれ、

後遺症が残るほどの大怪我を負ってしまいます。

なんとか一命は取り留めましたが、

全身の骨折と脳に損傷が残ったため

意識が戻った後も、動くことも、笑うこともなく

周囲の声に反応すら示しませんでした。

そんな時、病院のスタッフが紹介してくれたのが

セラピードッグのゴールデンレトリバーさん。

このセラピードッグに会ってから、

少年は奇跡のような回復を見せるのです。

犬さんの姿を見ると、目で追いかけるようになり

体を撫でてみたいと、少しづつですが

指先も動かせるように。

そして犬さんに会うたびに、

一緒にボール遊びをしたい、

散歩をしたいと、楽しみなことが増えていきます。

それは、辛い思いをした少年にとって

癒しであり生きる希望に変わるのです。

動かなかった体が動かせるようになり、

自分の足で立ち上がり、

犬さんと病院内を散歩したり

ボール遊びまでできるように!

犬や猫と触れ合うことによって精神的にも、身体的にも

様々な回復効果が得られると言われています。

セラピードッグの不思議な力に驚かされるお話です。

動物との絆は、素晴らしい癒しになるのでした。

出典:ita4me

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でいぬのこと。をフォローしよう!